スタッフ紹介 治療機器 怪我症状 患者さまの声 アクセス

治療機器

スーパーライザーPX

スーパーライザーは、光の中で最も生体深達性の高い波長帯の近赤外線(0.6μm~1.6μm)を高出力でスポット状に照射できる光線治療器です。
半導体レーザーのような単一波長ではなく、幅広い波長対を有する複合波長で有るため、深い患部まで確実に到達し、心地よい温感とともに複数の波長帯に係る生体効果が期待できます。
その効果はペインクリニックをはじめ各科で認められ、医療現場で幅広く利用されています。

 

スーパーカイネ

吸盤状の導子から低周波の低・中・高周域を出力し、患部で干渉波と呼ばれる治療電流を起こして治療を行います。
干渉電流低周波刺激療法は、種類の異なる周波数の低周派電流を体内で交差させ、そこに発生する電流の低周波成分で生態を刺激します。
主な治療効果として、患部の血行改善・鎮痛効果があります。
捻挫・ムチウチ・肩こり・腰痛・五十肩・膝の痛み・ストレス・神経痛・腱鞘炎・テニス肘などに効果があります。

 

オームパルサー

鍼電極低周波治療器 オームパルサー。
この治療法は、低周波鍼通電療法(ていしゅうはハリつうでんりょうほう) または、パルス療法と呼ばれています。

必要な部分へ 「鍼(ハリ)」 を施し、 その鍼に電極を繋いで通電します。 電気刺激は、筋肉を軽くトントンと叩かれているような感じですが、全く感じない場合もございます。 

 

コールドレーザー

レーザー治療器は、肩こり、五十肩、腰痛、関節炎、打撲、捻挫、むち打ち、リウマチ、痛風、スポーツによる筋肉痛などの治療に応用されます。

筋肉、関節の慢性非感染性炎症による疼痛の緩解。

レーザー治療器を使用することで、短時間でのより効果的な治療を可能にします。

 

SSP(シルバースパイクポイント)

鍼に直接通電したり、患部に銀製のポイントを吸着させ通電したりできます。

慢性疾患、膝関節症・腰痛・五十肩等に効果があります。交通事故のむち打ち症状にも有効です。

低周波と違い、集中的に患部に刺激を与えます。